リノベーションとリフォームの違い

リノベーションは欧米が発祥の地とされておりまして、

欧米は文化的な背景はもちろん、開発ルールなどの理由によって

歴史を感じさせる建物を最大限に活用しながらも街並みを

時代背景に応じて劇的に変化させていくことができる習慣をもっております。

このことからリノベーションとは、都市部ではごく一般的に活用、

浸透している選択肢のひとつとされていまして、

一方のリフォームという言葉は和製英語となっており、

もともとの意味としましては、サイズが合わなかった服を手直しするいみあいで

使用されていたことから始まっております。

国土交通省の定義としてもリノベーションとリフォームには

大きな違いがありまして、リノベーションは新築時の目論見とは違う次元に

改修することと定義づけられており、

一方のリフォームは、新築時の目論見に近づくように復元することとなっております。

つまりは、リノベーションは「改修」で、リフォームは「修繕」という定義づけとなっているのです。

モノを新しくすることによって、

価値を復元しようとしている行為と、

ライフスタイルなどの根本から考え直して、

理想の住まいとなるべく

変化させていく行為となっていることがわかり、

二つの言葉はまったく違う意味合いを持ったものだということがわかります。

タグ: ,

Copyright © 2010-2019 リノベーション物件とマンション査定で生活を変えよう All rights reserved.